FC2ブログ

ドアクローザー 交換と調整

こんがっち

ドアクローザー

ドアクローザーを調整した事がある人は少ないんじゃないかと思います。

えっ調整できるの?
そもそもドアクローザーって何?恐竜の名前?

ドアクローザーはドアの上についているドアが開いた状態から自動的に
ゆっくり閉めるための道具です。

一般の住宅でも玄関や勝手口のドアについていると思います。
アパートやマンションの入り口の扉にもついています。

作った人は天才ですね。何て思いやりのある人なんでしょうか?
ドアが閉める時バタン!って大きな音がすると周囲の人のストレスになるし
両手が塞がっている時、開けると時だけ荷物を一時的に置けば
中に入って閉める手間がはぶけます。

長い間使っていると、ギイギイ音がしたり、自動的に閉まらなく
なったり、閉まるスピードが早くなったりします。
もし本体からオイルが漏れていたら交換を考えましょう。

door_close_ikioi.png

調整は本体の横のネジで実施します。(だいたいプラスかマイナスのネジ)
1~3個のネジがついていて番号が振ってあります。
全開に開いてから 1・・・動き出し  2・・・途中  3・・・最後の閉まるところ
それぞれのスピードの調整になります。ネジが2個の場合は2段階の調整に
なります。
ネジを時計回りに回すと速度は遅くなります。

玄関や工場などの重い扉の場合、最後の閉まる所が速いと、指などを
挟む危険があるので慎重に実施して下さい。

ネジの頭を緩めすぎると、オイル漏れの原因になります。ネジはだいたい
埋め込みになっているので本体から飛び出さないようにします。
できれば、現状のネジの位置を覚えておいてそれ以上緩めないようにします。

締めこむ場合も無理に回すとネジの頭がつぶれたり、回らなくなって調整できなく
なるので慎重に実施して下さい。

私はホームセンターにいる時、古い大きな店舗の場合、倉庫に防火を兼ねた鉄扉が
いくつもありドアクローザーの調整や交換を何度か実施しました。
全開から最初はゆっくり途中は素早く最後はゆっくり静かにする。というのが理想です。

調整は実際やってみるとわかるのですがなかなか、うまくいきません。
調整ネジを締めすぎると最後まで閉まらなかったりして、何度もやり直した
記憶があります。

ドアクローザー

ホームセンターにはドアクローザーが何種類か置いてあり、万能型を
うたった商品もあります。
交換する場合、正直何にでもあう商品というのはありません。

お店にいるとよく、今ついている本体をはずしてきて、これに合うのをくれ!
と言われるお客様がいますが、本体だけ見てもわかりません。
アームも必要ですし。ドアとドア枠に開いたネジ穴の寸法と、ついていた場所の
スペースの寸法もわからないと合うとは言い切れません。

商品の説明書がネットでダウンロードできるようなら、それを見て合うか確認
してから購入するのがいいと思います。

もし、それが難しければ寸法から合うであろう?万能型を購入し、パッケージから
説明書を丁寧に取り出し、取り付け可能寸法が詳細に書かれていると思うので
確認してから、作業を始めるのがいいと思います。

仮に合わないとわかっても、パッケージが傷んでいなくて、商品も綺麗でレシートがあれば、
どのホームセンターでも返品を受け付けてくれるはずです。

ドアクローザーは普段意識していないと思いますが、壊れると急に不便さを感じたり
音にストレスを感じます。

目立たないけど、本当にいい仕事している道具です。

そんな人に私もなりたいと思います。 ← 意味不明

ではでは

みなさんの応援で続けています。
 ぽちっとお願いします。

手作り・DIYランキング








関連記事
スポンサーサイト



Posted byこんがっち

Comments 0

There are no comments yet.